• ホーム
  • ベセルナクリームのジェネリック医薬品であるイミキアドクリームの使い方

ベセルナクリームのジェネリック医薬品であるイミキアドクリームの使い方

2020年02月23日
男性を診ている医者

イミキアドクリームは、尖圭コンジローマの治療薬として広く使用されているベセルナクリームのジェネリック医薬品です。ベセルナクリームは尖圭コンジローマに対して最も有効とされている治療薬で、有効成分としてイミキモドが配合されています。イミキアドクリームは、ベセルナクリームのジェネリック医薬品なので、価格が安いにもかかわらず、尖圭コンジローマに対して高い治療効果を有しています。

イミキアドクリームを尖圭コンジローマの治療に使用する場合、週3回1日1回患部に塗るのが基本的な使い方です。例えば、月・水・金や火・木・土など1日おきに使用する治療薬なので、曜日を決めて塗り忘れのないように注意しましょう。また、患部に塗布した6~10時間後に、石鹸を使用してクリームを洗い流す必要があります。そのため、使用するタイミングは就寝前が推奨されており、起床後に洗い流すのが一般的です。使用する際はイボのみに薄く塗り、クリームが見えなくなるまで良くすりこみます。見えにくい部位にイボが発生している場合は、鏡などで確認しながら慎重に塗布しましょう。

イミキアドクリームは、使用し始めてから1週間ほどでイボが消失する場合もありますが、見た目的にイボが無くなったとしても、まだウイルスが潜伏していることがあります。そのため、確実に完治させるには、最低でも1ヶ月間は継続使用するのが正しい使い方です。

また、イミキアドクリームを塗布した後にトイレに行くと、クリームが洗い流されたり、患部以外の部位に付着したりする恐れがあります。特に、尿道付近にイミキアドクリームが付着すると、痛みや腫れが生じることで排尿困難に陥ることがあります。そのため、尿意が無い場合でも、使用前には必ずトイレに行くようにしましょう。どうしても塗布した後にトイレに行きたくなった場合は、一度クリームを洗い流してからトイレに行き、排尿後にもう一度クリームを塗ります。そして、起床後に通常通り石鹸を使用して洗い流してください。

なお、イミキアドクリームの継続期間は16週間までとされています。基本的に、尖圭コンジローマは、症状が進行するほどイミキアドクリームによる治療が難しくなります。イミキアドクリームによって治療できない場合は、外科療法による治療を行わなければいけません。そのため、16週以上使用し続けているにもかかわらず、治療効果が得られない場合は、医療機関を受診して今後の治療方針を医師に相談しましょう。

お仕事などで医療機関に足を運ぶ時間が取れない人でも、ベセルナクリームやベセルナクリームのジェネリックを通販することができます。
通販なら人目を気にせずに尖圭コンジローマを治療することができますし、治療費も薬代だけなので安く済みます。
しかし、通販サイトの信憑性や副作用などのリスクもあるので、利用する際に起こるトラブルは全て自己責任だということを忘れないようにしましょう。

関連記事
性感染病に該当する淋病が発症した時に気になる症状と治療する為の方法

淋病は、グラム陰性球菌の一種である淋菌という細菌に感染することで発症する性病の一種です。潜伏期間は2~10日程度とされており、男性の場合は症状が現れやすいものの、女性の場合は自覚症状が現れないケースが非常に多いとされています。男性の淋病は、尿道炎の症状が強く現れるのが特徴です。尿道のかゆみや排尿時の...

2020年05月17日
梅毒の治療に使用されるサワシリンのジェネリック医薬品に効果はあるのか

サワシリンは、アモキシシリンを有効成分としたペニシリン系の抗生物質です。一般的に、抗生物質は使用し続けると細菌が耐性を持ってしまい、治療効果が得られにくくなっていきます。しかし、梅毒の原因であるトレポネーマ・パリダムという細菌は、現時点ではペニシリン系の抗生物質に耐性を持っているものは確認されていま...

2020年04月21日
痛み等が感じにくい梅毒を放置して症状が進行した時のリスクとは

梅毒は、近年日本国内で急増している性病で、トレポネーマ・パリダムという細菌に感染することで発症します。梅毒に対して有効な治療薬が無かった時代では、感染すると死に至る非常に恐ろしい病気でしたが、現在は、死亡に至るまで症状が進行することはほぼありません。しかし、治療を行わずに放置すると、どのような結果に...

2020年03月27日
性病の一つの梅毒になってしまうのは性交渉以外の感染経路は考えられるのか

梅毒は、トレポネーマ・パリダムという細菌に感染することで発症する性病の一つです。梅毒治療に効果的な抗生物質が開発される以前は、感染すると死に至る非常に恐ろしい病気でしたが、戦後に世界初の抗生物質であるペニシリンが登場して以降は、完治する病気になったため患者数は減少していました。しかし、2011年頃か...

2020年02月29日
尖圭コンジローマを治療する時に使用されるイミキアドクリームの気になる副作用とは

イミキアドクリームは有効成分としてイミキモドが配合されたベセルナクリームのジェネリック医薬品です。イミキアドクリームは、尖圭コンジローマに対して高い有用性を有していますが、比較的副作用が現れやすいとされています。そのため、この作用に対する正しい知識を身に付けてから治療を開始しましょう。臨床試験による...

2020年02月25日
外性器やその周辺にイボができてしまう尖圭コンジローマの特徴と対処方法

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルスに感染することで発症する性病ですが、このウイルスに感染してもすぐに症状が現れることはありません。一般的に尖圭コンジローマの潜伏期間は、早い場合で数週間、遅い場合は数ヶ月とされています。潜伏期間を経て尖圭コンジローマを発症すると、感染部位にイボが発生するのが特...

2020年02月21日