• ホーム
  • 性病の一つの梅毒になってしまうのは性交渉以外の感染経路は考えられるのか

性病の一つの梅毒になってしまうのは性交渉以外の感染経路は考えられるのか

2020年02月29日
ウィルス

梅毒は、トレポネーマ・パリダムという細菌に感染することで発症する性病の一つです。梅毒治療に効果的な抗生物質が開発される以前は、感染すると死に至る非常に恐ろしい病気でしたが、戦後に世界初の抗生物質であるペニシリンが登場して以降は、完治する病気になったため患者数は減少していました。しかし、2011年頃から日本国内で患者数が急増しています。そのため、梅毒の感染を予防するために、その感染経路について知っておくことが重要です。

梅毒は性病の一つなので、基本的には性行為が主な感染経路です。コンドームを使用しない膣性交だけでなく、オーラルセックスやアナルセックスでも感染します。加えて、口腔内に症状が現れている場合、キスでも感染する可能性があるため注意が必要です。また、感染してもすぐに症状が現れず、症状が現れたり治まったりを繰り返しながら進行していくため、知らず知らずのうちに感染を拡大させてしまうのです。

また、梅毒は性行為以外が原因で感染することがあります。性行為以外の主な感染経路は、母子感染です。梅毒を発症した女性が妊娠すると、胎盤を通して胎児にトレポネーマ・パリダムが感染してしまいます。トレポネーマ・パリダムに感染した状態で出産された場合、先天性梅毒と呼ばれますが、現在は妊婦検診で梅毒検査が行われているため、母子感染が起こる可能性は非常に低いです。しかし、妊婦検診で陰性であっても、検査後にトレポネーマ・パリダムに感染すれば胎児へと感染してしまうため、妊娠が判明した場合は感染しないように十分に注意しましょう。

さらに、トレポネーマ・パリダムは血液を介しても感染します。輸血や臓器提供によって血液感染する可能性がありますが、医療機関では厳重な検査によって血液や臓器を使用しても問題ないのかを確認しているため、血液感染する恐れはほぼありません。なお、覚せい剤などを注射する際に、注射針を使いまわすと、感染者の血液が直接血管内に入るため高確率で感染してしまいます。しかし、多くの人の場合、血液感染が問題となることは無いでしょう。

このように、梅毒は性行為以外で感染する可能性がある性病ですが、基本的には性行為による感染がほとんどです。また、性病の中には、プールやお風呂、トイレが感染経路となるものがありますが、トレポネーマ・パリダムは人間の体外へと排出されると感染力が低くなるため、これらが感染経路となることは非常に稀です。しかし、感染する確率がゼロではないため、身近な人に感染者がいる場合は注意した方が無難でしょう。

関連記事
炎症や痛みで悩ましい淋病を治療する時に積極的に使用したい薬は何か

淋病は、淋菌という細菌が原因の性病です。感染すると、男性の場合は排尿時に激しい痛みや、尿道から膿が生じるなどの尿道炎の症状が現れます。女性の場合は、自覚症状が現れにくいものの、比較的現れやすいのがおりものの増加や膿が混じる、下腹部痛などの子宮頚管炎の症状です。淋病の治療には抗生物質が使用されますが、...

2020年06月21日
性感染病に該当する淋病が発症した時に気になる症状と治療する為の方法

淋病は、グラム陰性球菌の一種である淋菌という細菌に感染することで発症する性病の一種です。潜伏期間は2~10日程度とされており、男性の場合は症状が現れやすいものの、女性の場合は自覚症状が現れないケースが非常に多いとされています。男性の淋病は、尿道炎の症状が強く現れるのが特徴です。尿道のかゆみや排尿時の...

2020年05月17日
ベセルナクリームのジェネリック医薬品であるイミキアドクリームの使い方

イミキアドクリームは、尖圭コンジローマの治療薬として広く使用されているベセルナクリームのジェネリック医薬品です。ベセルナクリームは尖圭コンジローマに対して最も有効とされている治療薬で、有効成分としてイミキモドが配合されています。イミキアドクリームは、ベセルナクリームのジェネリック医薬品なので、価格が...

2020年02月23日
梅毒の治療に使用されるサワシリンのジェネリック医薬品に効果はあるのか

サワシリンは、アモキシシリンを有効成分としたペニシリン系の抗生物質です。一般的に、抗生物質は使用し続けると細菌が耐性を持ってしまい、治療効果が得られにくくなっていきます。しかし、梅毒の原因であるトレポネーマ・パリダムという細菌は、現時点ではペニシリン系の抗生物質に耐性を持っているものは確認されていま...

2020年04月21日
痛み等が感じにくい梅毒を放置して症状が進行した時のリスクとは

梅毒は、近年日本国内で急増している性病で、トレポネーマ・パリダムという細菌に感染することで発症します。梅毒に対して有効な治療薬が無かった時代では、感染すると死に至る非常に恐ろしい病気でしたが、現在は、死亡に至るまで症状が進行することはほぼありません。しかし、治療を行わずに放置すると、どのような結果に...

2020年03月27日
尖圭コンジローマを治療する時に使用されるイミキアドクリームの気になる副作用とは

イミキアドクリームは有効成分としてイミキモドが配合されたベセルナクリームのジェネリック医薬品です。イミキアドクリームは、尖圭コンジローマに対して高い有用性を有していますが、比較的副作用が現れやすいとされています。そのため、この作用に対する正しい知識を身に付けてから治療を開始しましょう。臨床試験による...

2020年02月25日
外性器やその周辺にイボができてしまう尖圭コンジローマの特徴と対処方法

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルスに感染することで発症する性病ですが、このウイルスに感染してもすぐに症状が現れることはありません。一般的に尖圭コンジローマの潜伏期間は、早い場合で数週間、遅い場合は数ヶ月とされています。潜伏期間を経て尖圭コンジローマを発症すると、感染部位にイボが発生するのが特...

2020年02月21日